スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川容疑者ら3人の勾留延長(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地裁は25日、民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人の勾留(こうりゅう)期間を26日から2月4日まで延長することを決定した。

 ほかに延長されたのは、公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)と元私設秘書、池田光智容疑者(32)。

 東京地検特捜部の調べなどによると、石川容疑者は陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として政治資金収支報告書に記載せず、土地代金約3億5千万円を支出として記載しなかった疑い。また、大久保容疑者と池田容疑者は19年、陸山会が小沢氏に返済金名目で支出した4億円を記載しなかったなどの疑いが持たれている。

 特捜部の調べに対し、石川容疑者と池田容疑者は故意の虚偽記載を認めているが、大久保容疑者は容疑を否認しているとされる。

【関連記事】
池田容疑者「報告していた」…小沢氏の説明と矛盾
小沢氏「事実のすべて」 疑問多く不可解
原資、融資、秘書任せ…疑問なお残る 小沢氏会見
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
小沢幹事長聴取 異常事態の責任は重大 これからが検察の正念場だ

鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」(産経新聞)
元「モー娘。」後藤真希さんの母親が死亡 酔って自宅3階から転落か(産経新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」(産経新聞)
創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)
スポンサーサイト

党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相(産経新聞)

 昨年の臨時国会では行われなかった鳩山由紀夫首相と自民党の谷垣禎一総裁との直接対決が、21日の衆院予算委員会でようやく実現した。谷垣氏は、首相や民主党の小沢一郎幹事長に絡んだ「政治とカネ」の問題に持ち時間の半分を使い、執拗(しつよう)に質問を続けた。ただ、首相が我慢の答弁に終始していた上に、谷垣氏の「人の良さ」が出た面もあり、激論に発展することはあまりなかった。議場の半数以上を占める民主党議員の応援も今ひとつで、大荒れの展開にはならなかった。

 ≪128日目に実現≫

 鳩山内閣誕生から128日目に実現した直接対決。谷垣氏は冒頭から偽装献金問題に触れ、「『民信なくば立たず』だ。首相や与党幹事長周辺で起訴や逮捕が相次ぐのは異様な事態だ。『秘書の行為は政治家の責任』という趣旨の発言をしたのを記憶しているか」などと攻撃した。

 首相は「言ったことの責任は持たなければならない、と肝に銘じている」と述べつつも実母からの資金提供は「天地神明に誓ってまったく存じ上げなかった」などと、慎重に答弁を繰り返した。

 「そこが一番分かりにくい。どう釈明するのか」と食い下がる谷垣氏に、首相が「釈明という話ではなくて、事実を事実として申し上げている」と気色ばむ一幕もあったが、この問題に関しては首相側の分が悪いのは明らか。臨時国会で「あなた方に言われたくない」などと答弁した強気な態度は影を潜めた。民主党席もその間は重い空気が漂い、谷垣氏の執拗な質問を首相が懸命にかわす展開が続いた。

 谷垣氏が首相の追及に躍起になったのには、24日に自民党大会があることも影響している。夏の参院選の候補者調整も手間取り、産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)の最新世論調査では、「党首力」で谷垣氏は首相に大きく水を開けられた。今回の直接対決で「党首力」をアピールして、党大会を乗り切りたい思いもあったようだ。

 「お人よし」と言われる谷垣氏は、菅直人副総理・財務相のように相手を怒らせる「誘導質問」や底意地の悪い追及は行わなかった。代わりに、弁護士らしく理詰めで言質を取っていく作戦をとった。

 ≪尻切れトンボ?≫

 それだけに、迫力に乏しい感は否めず、初対決を見ていた自民党議員は「尻切れトンボみたいになっちゃった」と偽装献金問題などへの追及がまだ甘かったと指摘したほか、公明党からは「もっと経済や景気の問題をやってほしかった」(国対幹部)という苦言が出た。審議が空転するほどの新事実の発覚や首相の答弁ミスもなかった。

 それでも谷垣氏は、首相が実母からの資金提供を知っていたことが明らかになれば議員辞職すると答弁したことに「しっかり記録にとどめておかなければいけない」と成果を強調した。

 首相も、通常国会の早々から野党の執拗な追及を味わった。鳩山内閣への支持率が急落する厳しい状況の中、今後も綱渡りの答弁が続くのは間違いない。

可視化、冷静な議論必要=公明代表(時事通信)
仲間飛び降り死「ニュース見て怖く」=少年2人出頭、万引き容疑で逮捕-大阪府警(時事通信)
首相、普天間移設先「昨年末に決めなくて良かった」(産経新聞)
ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)
普天間移設「あらゆる可能性」=鳩山首相(時事通信)

普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先をめぐり、政府が5月末までに結論を出す方針を示していることについて「(5月には)地元、米国と交渉し、日本政府としてはこう考えるというところまで起案できる状態だ」と述べ、日米交渉の最終決着は6月以降に遅れる可能性があるとの考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は昨年12月、「日米の中でも、5月という目標設定の中で最終的な結論を出す」と話しており、日米交渉妥結の目標時期について政府内で早くもずれが生じた格好だ。

 平野氏はまた、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案に関し、「(仲井真弘多(ひろかず))沖縄県知事は合意していると私は思っていない」と指摘。仲井真氏がキャンプ・シュワブ沿岸部に代替基地建設を容認しながらも、滑走路を現行計画より沖合に移動させることを条件としていることをさして、現行案に合意していない-との認識を示した。

 また、政府と社民、国民新両党による実務者レベルの「沖縄基地問題検討委員会」について、各委員が1月末までに持ち寄ることになっていた移設先案は2月以降にずれ込む可能性があると指摘した。

【関連記事】
社民のグアム調査団難航、米側が受け入れ拒否
下地島移設反対を可決 宮古島市議会、官房長官視察に不快感
米国務次官補、普天間問題で2月に訪日
自民・石破氏「米側は普天間移設で鳩山政権に強い懸念」
日米安保50年 普天間決着し空洞化防げ

生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR-環境省(時事通信)
<人事>公取委(28日)(毎日新聞)
岐阜・土蔵岳で滋賀県の夫婦遭難か(読売新聞)
与党議員PTを設置へ=経産省(時事通信)
<掘り出しニュース>牧場の扉、基地…新幹線の駅名にも--地名の「戸」の由来って何?(毎日新聞)

札幌の女性殺害、遺体に雪をかぶせた形跡(読売新聞)

 札幌市北区百合が原の路上で雪に埋もれた女性の遺体が見つかった事件で、北海道警は身元を兵庫県西宮市すみれ台3、無職杉本稲子さん(72)と確認した。

 杉本さんは首を絞められ、腹部を数か所刺されていることから、道警は殺人事件と断定、札幌北署に捜査本部を設置した。遺体には雪を意図的にかぶせた形跡があり、道警では隠蔽(いんぺい)を図った可能性もあるとしている。

 捜査本部によると、杉本さんの首には、手で絞められたような跡が残っていたほか、腹部には鋭利な刃物による複数の刺し傷があり、致命傷とみられる傷は右脇腹から肝臓にまで達していた。司法解剖で死因は、首を絞められたことによる窒息と右脇腹を刺されたことによる出血性ショックと判明した。

 現場付近には、杉本さんが所持していた電子マネーのカードが落ちていたが、凶器は見つかっていないという。

 捜査幹部によると、杉本さんは18日午前4時頃、日課の散歩に出かけたとみられ、同5時半頃には現場から約200メートル離れたコンビニ店で、1人でカップ酒などを購入したことが確認されている。その直後、付近の住民が、現場近くを歩いている杉本さんと、そのすぐ後ろを40歳ぐらいの男が歩いているのを目撃しており、道警は、男が何らかの事情を知っている可能性があるとみている。

 杉本さんは、西宮市の自宅で無職の夫(75)と暮らしているが、昨年7月頃に会社員の長男(43)が札幌に転勤したため、自宅と現場近くの長男宅を行き来していたという。

<小沢幹事長>4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で-地裁(時事通信)
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも-患者団体(時事通信)
「鳩山vs谷垣」初対決…偽装献金・小沢氏問題(読売新聞)
「猫の足星雲」を詳細に観測=星の生死解明に期待-欧州天文台(時事通信)

首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)

 鳩山首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者について「起訴されないことを望みたい」と述べた前日の発言を撤回した。

 首相は「捜査で無実が証明されれば良いがなあ、との思いで申し上げた。検察に介入する意図はない。もし誤解を与えてしまうのであれば撤回する」と語った。また、「多くの国民の支持で当選させていただいた議員の逮捕は遺憾なことだ。取り調べの結果、起訴されれば大変申し訳ない」とも述べた。

 自民党の茂木敏充氏の質問に答えた。

 衆院予算委に先立ち、首相は22日朝、首相公邸前で記者団に「起訴されないことを望みたい」と発言した理由について「仮定の質問をされたから、そういう仮定がない方がいいと言っただけの話だ」と釈明した。

<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
首相「指揮権発動は考えてない」…陸山会事件(読売新聞)
<遺伝カウンセラー>雇用拡大目指し NPOが今春発足(毎日新聞)
後鳥羽上皇造営の水無瀬離宮跡か 大阪・広瀬遺跡(産経新聞)
<普天間>移設先にグアム 社民が正式提案へ(毎日新聞)

鈴木宗男氏また検察批判「やり方が公平ではない」(産経新聞)

 新党大地の鈴木宗男代表は23日、札幌市内で開かれた民主党北海道第19回定期大会であいさつし、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に触れ、「頭から小沢(幹事長)ありきみたいな検察のやり方、世論にリークするやり方は公平ではない」などと、検察の捜査批判を再び行った。

 来賓として、北海道内の民主党員ら200人以上の前であいさつに立った鈴木氏は、自身が議員秘書だった際の経験を引き合いに出し、「(自分も)日付のミスだとか、金額のミスがあって、よく修正したものだ」と述べ、「今回の事件も修正で十分ではないか」と主張した。

 さらに、鈴木氏は「検察のリークは裏付けがとれない」「メディアは反権力と言うけれど、実際は権力の手のひら」などと発言し、「小沢幹事長の件や石川(知裕容疑者)さんの件は、リークして世論に悪い印象を与えて追い込んでいくやり方。あってはならない手法だ」と批判した。

 一方、鈴木氏の後であいさつに立った連合北海道の高柳薫会長は「検察やマスコミの(世論)誘導が取りざたされている。そういう問いがあることは否定しないが、支持者、国民の求めるものと少しおもむきが違う」と鈴木氏の発言を牽制(けんせい)した。

 そして、「政権与党として、政治と金の問題について残念ながら(民主)党の基本姿勢の発信がない」と述べ、政治と金の問題に関する民主党の基本姿勢を明確に国民に示すよう求めた。

 鈴木氏は16日に東京の日比谷公会堂で行われた民主党大会でも、「検察が正義の人だと思ったら大間違い」と発言するなど、今回の事件にからみ検察批判を繰り返している。

【関連記事】
鈴木宗男氏、検察と法相を批判
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表
「やましいことはしていない」 公判中の外務委員長就任で鈴木宗男氏

デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説-菅財務相(時事通信)
<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損-東京地裁(時事通信)
【このまま気まま】編集委員・荻原靖史 龍馬は、日本の希望じゃ(産経新聞)
無許可で職業紹介業営業、中国籍の姉弟逮捕 警視庁(産経新聞)

無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)

 高配当や元本保証をうたって無登録で投資ファンドの出資を募ったとして、警視庁は20日、東京都港区赤坂の有価証券売買会社「ベストパートナー」=神崎勝社長(64)=の本社や関係個所計4か所を金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで捜索した。

 同庁では、全国から数億円以上集めている可能性があるとみて調べている。

 同庁幹部によると、同社は2008年6~8月頃、「元本保証のうえで年利4~10%の配当がある」などと横浜市の40歳代の会社員男性ら3人を勧誘、それぞれ100万~500万円を振り込ませ、無登録で出資させた疑いがもたれている。

 同社は2004年頃から営業を開始。不特定の人に電話をかけ、「穀物や金、ガソリンなどに分散投資して安定した収益をあげる」などと勧誘していた。

 しかし、07年5月頃から、顧客から「元本が戻って来ない」「配当がない」などの相談が同庁に寄せられていたという。

<政府税調>専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置-税調会長ら(時事通信)
小泉被告に死刑求刑=元厚生次官宅連続襲撃-さいたま地裁(時事通信)
歌会始の儀・来年は「葉」(産経新聞)
<広島女児殺害>4月8日に初公判 ヤギ被告差し戻し審(毎日新聞)

雑記帳 松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)

 米大リーグの松井秀喜選手(35)が20日、イメージキャラクターを務める大手重機メーカー・コマツの湘南工場(神奈川県平塚市)で、ハイブリッド型油圧ショベルを運転した。

【写真特集】高校野球から大リーガーまで 松井秀喜の軌跡

 建設機械では世界で初めて、車体旋回時のエネルギーを蓄電・利用するのが特徴という。ひざのけがで昨季は守備機会がなかった松井選手は「僕の体もこれほどなめらかに動いてくれればすばらしい」。

 新天地のエンゼルスで臨む今季。「この年になったら体のいろいろな部分を利用して打球を飛ばしたい」とハイブリッド打法を強調し、オフに「蓄電」したパワーで活躍を誓った。【渡辺明博】

【関連ニュース】
【写真特集】松井秀がMVP 大リーグ・ワールドシリーズ2009
大リーグ:松井秀が帰国 新天地エンゼルスへの期待語る
イチロー:「ピッチャー・イチロー」 今度こそ松井秀斬る!
大リーグ:松井秀に主軸を期待 大リーグ公式HPが特集

<陸山会土地購入>地検捜査巡りシンポ(毎日新聞)
平泉と小笠原諸島、世界遺産推薦を決定…政府(読売新聞)
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対-日医(医療介護CBニュース)
看護基礎教育改革の推進を文科相に要望―日看協(医療介護CBニュース)
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」(産経新聞)
プロフィール

やしろせいじ

Author:やしろせいじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。