スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【視点】所信表明演説 「反省」なき現実路線(産経新聞)

 菅直人首相の所信表明演説は「いのちを守りたい」などと理想や夢ばかり振りまいた鳩山由紀夫前首相の所信、施政両演説に比べ、現実的・実務的で好対照となっている。ただ、「強い経済」の実現など菅カラーを強調する一方、政権を引き継ぐにあたって前内閣の失政や問題点の総括と具体的改善策は示しておらず「反省なき再出発」との印象はぬぐえないものだ。

 「この挫折を乗り越え、国民の皆さまの信頼を回復する」。首相は、鳩山前首相が辞任で「けじめをつけられた」と話を簡単に終わらせた。これでは真の「信頼回復」につながらない。

 外交に関し、「『現実主義』を基調とした外交を推進すべきだ」と述べるのは、現実から遊離した鳩山外交の轍(てつ)は踏まないとの姿勢を示したとみられる。だが、韓国哨戒艦を撃沈した北朝鮮に対し、現時点で「国交正常化を追求する」というのは気が早過ぎはしないか。また、普天間問題で日米合意を踏まえると主張するのはいいが、停滞した現状をどう打開するかの具体策はない。

 教育問題に言及しない点も気になる。やはり演説で教育にあまり触れなかった鳩山内閣は、道徳教育の縮小など日教組の政策要求に押し流されただけに、新内閣でも懸念される。

 首相は「むすび」で、リーダーシップ発揮のため国民に「私を信頼していただきたい」と呼びかけた。鳩山前首相がオバマ米大統領と国民に「トラスト・ミー(信頼してほしい)」と訴えたのと、不思議と重なっている。(阿比留瑠比)

高齢者や障害者に1万1千円分の福祉商品券―長野県佐久穂町(医療介護CBニュース)
菅内閣、8日発足=農水相に山田氏昇格、枝野幹事長ら正式決定―「脱小沢」色濃く(時事通信)
「不徳の致すところ」「残念」=退陣前に各閣僚(時事通信)
<菅内閣>政策の行方は? 公約見直しも視野(毎日新聞)
脱小沢路線を警戒 自民「敵失頼み」見直し(産経新聞)
スポンサーサイト

【こども】「手足口病」 近年で最多ペース(産経新聞)

 ■重症化タイプの流行で警戒

 乳幼児を中心に、手足や口の粘膜に水ぶくれができる感染症「手足口病」が早くも流行してきた。軽症にとどまるとみられがちだが、今年は中枢神経系の合併症を起こしやすい種類のウイルスが目立っているという。過去には国内でも死亡例がある。夏場の流行期を控え、専門家は「発熱や嘔吐(おうと)があれば、重症化しないか警戒を」とアドバイスする。(草下健夫)

 ◆楕円形の水ぶくれ

 手足口病は2~3ミリほどの水ぶくれができ、軽い発熱を伴うことがある夏かぜの一種。名前の通り、手のひらや指、足の裏、口の中のほか、ひじやひざ、尻などにも発症する。感染後3~5日の潜伏期間の後に水ぶくれができ、3~7日ほどで消える。強い自覚症状はないが、かゆみや痛みを伴う場合もある。4歳ごろまでの幼児が中心だが、小学生でも流行的な状況になり得る。まれに大人も発症するという。

 例年なら6月から感染が増えるが、国立感染症研究所の統計によると、今年は3月末以降増加。平成12年以降の同時期比で最多が続いており、5月17~23日の同時期の9・4倍に上った。

 高野医科クリニック(東京都葛飾区)の畑三恵子院長(皮膚科)は「手足では、指紋の方向に向かって細長い楕円(だえん)形の水ぶくれができるのが手足口病の特徴」と説明する。

 ◆発熱なら警戒を

 病原体は「エンテロウイルス」や「コクサッキーウイルス」で、せきやくしゃみによる飛沫(ひまつ)、便の中、水ぶくれの中身などのウイルスから伝染する。ワクチンは開発されていない。

 同研究所によると、今年はエンテロウイルスの中でも特に警戒を要する「EV71」が目立つという。

 EV71は急性脳炎や髄膜炎、末梢(まっしょう)神経系に炎症が生じ手足などが麻痺(まひ)する「ギランバレー症候群」などの神経系や、心筋炎といった合併症を起こすことがある。過去には、国内でも死亡や重い神経症状を起こしたケースが報告されている。

 畑院長は「早期から発熱や嘔吐があったら、こうした重症化を警戒してほしい」と指摘する。大部分は軽症で、治療は軟膏(なんこう)を塗る程度。だが、「早く診断してほかの病気と区別し、重症化しないか経過を見る必要がある。水ぶくれができたら、速やかに皮膚科や小児科へ」と受診を勧める。

 手足口病と診断されたら、「定期的に熱を測ること。また、兄弟など周囲への感染を防ぐため、トイレ後やおむつ交換後などは手洗いを徹底してほしい」と畑院長。日常生活での衛生の基本も鍵となるようだ。

 口の中に水ぶくれができると食べ物や飲み物がしみやすい。その場合は熱い物や冷たい物、辛い物、固い物はなるべく控え、食欲低下や脱水症にも気をつけたい。

                   ◇

 ■状態見て登校判断

 手足口病は、水ぶくれなどの症状がなくなった後も、何週間にもわたってウイルスが便として排泄(はいせつ)されることがある。発症中の患者の登校・登園を停止しても、流行を抑える効果は薄いと考えられている。そのため、学校で予防すべき伝染病には指定されていない。高野医科クリニックの畑三恵子院長は「発熱がなく、体調が良ければ登校・登園してよい」とアドバイスする。

他人名義カードで買い物 詐欺容疑で政治団体会長ら4人逮捕 警視庁(産経新聞)
昨年の新規AIDS患者、08年と同数で過去最高(医療介護CBニュース)
<送迎バス事故>園児ら5人軽傷…乗用車と衝突 名古屋(毎日新聞)
日中首脳会談 友好ムード演出 韓国艦沈没は中国に配慮(毎日新聞)
<地震>福島・相馬で震度3=午後1時49分(毎日新聞)

<地震>沖縄県大東島で震度4=午後5時53分(毎日新聞)

 26日午後5時53分ごろ、南大東島近海を震源とする地震があり、沖縄県で震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定される。

 この地震による津波の心配はないという。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度4=沖縄県大東島

 震度3=沖縄県本島北部、本島中南部

【関連ニュース】
地震:新島村で震度2
地震:新潟・下越地方で震度3=午後6時18分
地震:東京で震度3=午後1時33分
地震:新潟県で震度4=午後6時20分
地震:群馬・高崎などで震度3=午後7時33分

「金魚検定」博士いまだゼロ、修士・学士も新設(読売新聞)
<口蹄疫>殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事(毎日新聞)
移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)
<将棋>文部科学相と総務相にアマ五段免状(毎日新聞)
献血啓発補助金を不正受給 大阪交野・和泉両市 推進協が虚偽報告(産経新聞)

首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は14日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)周辺などが候補地になっている現状について「(鳩山由紀夫)首相は、できれば国外、最低でも県外と言ってきた。辺野古を埋め立てるのは自然への冒涜(ぼうとく)だと言ってきた。その通りだと思ってついてきたので、実現を強く望む」と述べ、県内移設を進める首相を牽制(けんせい)した。

 福島はさらに、地元や連立与党内の協議よりも日米実務者協議が先行していることについて「もし、日米合意が先で地元や連立与党にその結果を押しつけるのであれば、自公政権のやり方と同じだ。政権交代の意味がない」と不快感を示した。

【関連記事】
代案なき反対は「無責任」 普天間問題でアーミテージ氏
官房長官、あす鹿児島再訪へ 徳之島住民10数人と面会
米議会、グアム移転費削減せず 当面は圧力回避
普天間決着先送り 擁護発言続々 亀井氏「引田天功じゃあるまいし」
「低い支持率回復に役立たない」 米CNN、鳩山首相のファッション皮肉る
少子化を止めろ!

参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)
H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)
突風 架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休 岐阜・笠松(毎日新聞)
熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)

年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)

 「氷河期再来」とも言われた昨年度の就職戦線。

 今年1月末時点で、就職希望の高校生の18・9%、約3万人が内定していなかったが、そのまま卒業した人も多い。2000年前後の氷河期に大量発生した年長フリーターの問題が影を引きずる中、「二の舞いを避けたい」と自治体などの関係者は危機感を強める。職のない卒業生への独自の支援が全国各地で始まっている。

 京都府や京都市、京都労働局は「氷河期」対策として、合同で高校生緊急就職支援センターを設立。現在、今春高校を卒業した約40人が府内の2施設に分かれて研修に取り組んでいる。

 敬語の使い方、履歴書の書き方のほか、自分の意見を正しく伝えるための講習などを受けている。期間は3月末~6月の約3か月。卒業生はセンターに就職した形を取り、月給9万円を受け取れる。ハローワークの仲介で随時、企業の採用担当者との面談があり、就職が決まれば、その時点で研修を終える仕組みだ。公立高出身の女性(18)は「高校時代は自分が何をしたいか分からなかった。この研修中に何とか自分に合う職を見つけたい」と話す。

 自分で活動する大学生と違い、高校生の就職活動は学校を通して行うケースが多い。このため、卒業すると就職活動の仕方が分からず、アルバイトを転々としながらいたずらに年齢を重ねてしまう人が目立つという。センターの担当者は「経済情勢が原因で就職できなかった生徒については、行政が責任を持つべきだ」と力を込める。

 広島県教委も9月までに40人を臨時職員として雇う予定だ。期間は3か月で、“仕事”は企業を訪問して求人を開拓する職員の補佐という。「就職に関係する現場を体験することで、どんな人材を企業が求めているかを実感させるのが狙い」(県教委)で、高校を訪問して現役の生徒たちへの進路指導の補助も行う。就活の両面を見つめて、自らの内定に結びつけてもらおうという試みだ。

 こうした臨時職員として採用する就活支援は、北海道や宮城県教委、青森県八戸市などでも進めている。

 一昨年度の就職戦線は、1月末で12・5%の人が内定を得られず、最終的に全国で約8000人が就職が決まらないまま卒業した。昨年度の内定状況はさらに悪化しており、この春は1万人を超える恐れもあるとみられている。

 このため教育現場の危機感は強い。高知県立高知農業高校で非常勤の就職アドバイザーを務める島崎章碩(あきひろ)さん(67)は、この4月から企業回りを始めた。同県の1月末の就職内定率は72・2%で、同校でも今春3人が未就職のまま卒業した。新3年生の就職希望者は109人で、例年より地元志向が強いという。島崎さんは「雇用の厳しさが親元に残る選択をさせている。早く求人開拓しないと、また内定のない生徒が出る」と厳しい表情で話した。(本田克樹、稲村雄輝)

 ◇年長フリーター◇ パートやアルバイトで生活する25~34歳の世代。多くが就職氷河期に正社員になれなかった若者とみられる。総務省の調査によると、2009年のフリーター(15~34歳)は前年比8万人増の約178万人で、このうち年長フリーターが同4万人増の約91万人。フリーターはピークの03年(217万人)から約39万人減ったが、年長フリーターは7万人減にとどまっている。

新橋演舞場に櫓=歌舞伎公演の新拠点-東京(時事通信)
京葉線で人身事故、2万9千人に影響(産経新聞)
3歳男児、マンション13階から転落死?(読売新聞)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」-国交省(時事通信)
途上国支援大会 タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)
プロフィール

やしろせいじ

Author:やしろせいじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。